飛行機搭乗奇行

全国の空港を訪問中。2018年ANAダイヤ→SFC。2020年JGC修行完了

全国の空港101箇所訪問済み。あと8空港。
現在更新お休み中。記事は書いています。
課金すると公開前の本ブログの記事が読めます:tbofficeのリボ払い完済計画
 国内
 ┣沖縄県:粟国島| 阿嘉島| 伊是名| 久米島| 下地島| 伊良部島| 石垣島| 宮古島
 ┣鹿児島県: 知林ヶ島| 種子島| 屋久島| 口永良部| 沖永良部| 徳之島| 喜界島| 奄美大島
 ┣東京都: 青ヶ島| 神津島| 三宅島| 八丈島
 ┣北海道:奥尻島| 紋別
 ┣長崎小値賀| 納島| 福江| 軍艦島(端島)
 ┗他 長野| 静岡県| 壱岐・対馬| 佐渡ヶ島| 名古屋| 富山・能登| 大分県| 岡山離島| 日本酒
 海外:香港 | 上海 | 桂林 | 台湾

大分➔熊本で温泉巡り(18) 阿蘇山(おもに中岳)に行った

 阿蘇山に行ってきました。何かあったりなかったりしました(雑な感想)。

f:id:tboffice:20201207130248j:plain

火口はまだまだ下の方にあります

阿蘇から道一本

 阿蘇駅から向かいました。駅の南から道が一本伸びていてまっすぐ行くと阿蘇山にたどり着きます。道はわかりやすいです。麓は森が広がっていますがそのうち草原になっていきます。

 牧場になっているようです。

f:id:tboffice:20201207112557j:plain

うし が いる

草千里展望所

 山を一つ登ると、草原が広がっています。草千里ヶ浜に降りる手前に駐車場があるのでそこからまずは眺めて見るのがいいと思います。

f:id:tboffice:20201207113642j:plain

草千里ヶ浜展望所から

 草千里にはいろいろなスポットがあります。カルデラであり、池のような水たまりは雨水が溜まっているそうです。

www.aso-geopark.jp

 遠くには阿蘇山の噴煙が見えます。

f:id:tboffice:20201207113824j:plain

噴煙

 道の反対側には杵島岳や円錐形をした米塚が見えます。

f:id:tboffice:20201207114204j:plain

杵島岳

f:id:tboffice:20201207114202j:plain

米塚

 米塚は極めて均整のとれたスコリアとして有名です。

草千里ヶ浜

 車を少し進めて、草千里ヶ浜まで降りてきました。乗馬体験ができるようです。

f:id:tboffice:20201207114803j:plain

馬のりば

kumamoto.guide

阿蘇火山博物館

 駐車場があるのでここで一休み。駐車料金は普通車で1回500円。地味に高いなオイ。

 博物館とレストランがあります。博物館は大人一人880円。高額の部類。

f:id:tboffice:20201207114828j:plain

阿蘇火山博物館

f:id:tboffice:20201207122732j:plain

レストランで昼ごはん

 隣の売店で牛乳があったので飲んでみます。

f:id:tboffice:20201207123444j:plain
f:id:tboffice:20201207123447j:plain
ASO MILK

 住所見ると見覚えがありますね。三久保なので田子山があるところです。

阿蘇中岳火口の入口

 ロープウェイがなくなってしまい、入るためには、車で入るか、バスで入るか、歩いて入るかの方法があります。歩いていくのは結構きついのでやめておいたほうがいいです。

 車で火口近くに行くには、入口の料金所で料金を支払います。普通自動車は800円です。高額ですね。

www.city.aso.kumamoto.jp

 火口シャトルがあり、阿蘇山上ターミナルから火口までを結びます。こちらは片道500円です。このあたりから乗車します。ここにも駐車場があります。

 筆者の行ったあとに、阿蘇山上ターミナルが今年2月にオープンしました。

www.kyusanko.co.jp

 これを書いているときは、阿蘇中岳火口周辺の立入り規制が出ていました。現地に行ったときは近くまで行くことができました。

阿蘇中岳火口へ

 車で向かいました。料金所でお金を払って山を登っていきます。この先、火山性のガスが飛んでくることがあるのでご注意。駐車場に着きました。

f:id:tboffice:20201207125223j:plain

駐車場から。良い岩

 小高い山に登ってみます。ロープウエイがあった場所です。

f:id:tboffice:20201207125120j:plain

ロープウエイがあった場所へ

 

f:id:tboffice:20201207125326j:plain

噴煙

f:id:tboffice:20201207125521j:plain

火口から噴煙がモクモクと上がってくる

f:id:tboffice:20201207125552j:plain

火口に人がいる

f:id:tboffice:20201207125700j:plain

人がとても小さく見える

 火口近くに移動してきました。風向きが良かったので近づくことができました。少し硫黄の匂いがします。

f:id:tboffice:20201207130109j:plain

火口

 火口の底にはエメラルドグリーンの湖が広がっているそうですが、今回は干上がっていてなにもありませんでした。係員のおじちゃんがいて、いろいろと話を聞くことができます。

 よく見たら火口にいた人が見えました。何かの調査をしているそうです。

f:id:tboffice:20201207130236j:plain

火口の人

f:id:tboffice:20201207130248j:plain

火口はまだまだ下の方にあります

 噴煙は水蒸気と二酸化硫黄のガスがそれぞれ吹き出しているそうです。火口から出てきた火山ガスは濃度が濃いので吸ったら死。

f:id:tboffice:20201207130332j:plain

火口全体

 頑張って火口を撮影したんですが、やっぱり干上がってました。

f:id:tboffice:20201207130407j:plain

干上がっている火口

 駐車場に戻る途中で、橋を架けていました。

f:id:tboffice:20201207131112j:plain

工事

 駐車場にやってきました。産交バスが通っていきました。

f:id:tboffice:20201207131310j:plain

産交バス

 駐車場の横から中岳を眺めます。良い岩ですね。

f:id:tboffice:20201207131322j:plain

阿蘇・中岳

砂千里ヶ浜

 黒い粒のマグマの破片(スコリア)と火山灰が広がっている地形です。車を移動して砂千里ヶ浜の駐車場に停めます。

f:id:tboffice:20201207131802j:plain
f:id:tboffice:20201207131831j:plain
砂千里ヶ浜の説明

 途中に火口があります。中岳第四火口です。火山活動はお休みしていますが、硫化水素はまだ吐き出しているそうです。

f:id:tboffice:20201207131831j:plain
f:id:tboffice:20201207131951j:plain
中岳第四火口

 小高い山の上までやってきました。階段はありますが火山灰で覆われていて歩きにくいです。

f:id:tboffice:20201207132322j:plain

砂千里ヶ浜

 ここまで来ると反対側の景色も見えます。

f:id:tboffice:20201207132451j:plain

カルデラの山々

 これから先は登山道が続いています。行儀松ルートと砂千里ルートに分かれていきます。

まとめ

  • 火山活動や風向きにより、火口が見れたり見られなかったりします
  • 火山ガスあるため喘息や気管支疾患、心臓疾患、体調不良の人は入れません
  • 以上のことを守って安全に見ましょう

www.kyusanko.co.jp

次回

 鉄道のトンネルを掘っていたら水脈切っちゃって水がドバドバでてきちゃって・・・どうしよう!

 高森湧水トンネル公園。