飛行機搭乗奇行

全国の空港を訪問中。2018年ANAダイヤ→SFC。2020年JGC修行完了

全国の空港101箇所訪問済み。あと8空港。
現在更新お休み中。記事は書いています。
課金すると公開前の本ブログの記事が読めます:tbofficeのリボ払い完済計画
 国内
 ┣沖縄県:粟国島| 阿嘉島| 伊是名| 久米島| 下地島| 伊良部島| 石垣島| 宮古島
 ┣鹿児島県: 知林ヶ島| 種子島| 屋久島| 口永良部| 沖永良部| 徳之島| 喜界島| 奄美大島
 ┣東京都: 青ヶ島| 神津島| 三宅島| 八丈島
 ┣北海道:奥尻島| 紋別
 ┣長崎小値賀| 納島| 福江| 軍艦島(端島)
 ┗他 長野| 静岡県| 壱岐・対馬| 佐渡ヶ島| 名古屋| 富山・能登| 大分県| 岡山離島| 日本酒
 海外:香港 | 上海 | 桂林 | 台湾

日帰り(主に)高松(5) 主に池谷駅の景色を楽しみ鳴門で昼飯

ここまでのあらすじ

 瀬戸内でクルーズが昨今の事情によりキャンセル。飛行機のチケットだけが手元に残ることになりました。行きのチケットで高松に行き、うどんを食べ、栗林公園を見たあと、高松駅から板野駅へ向かいました。

 今回は板野駅から鳴門に向かいます。遅めの昼ごはんです。

f:id:tboffice:20200905123020j:plain

池谷駅

12:10 板野駅 高徳線徳島行到着

 2輌編成の普通列車が来ました。

f:id:tboffice:20200905121012j:plain

電車きました

 このときまで全く知らなかったんですが後ろの車輌は回送で乗れませんでした。

f:id:tboffice:20200905121042j:plain

後ろの車輌は回送

 電車に乗ると、2列シートでだいたい着席。開いている席に座りました。他に乗ってる人のかばんがでかい。時刻表を持っている人がいます。長距離旅行者がぼちぼち乗っておりました。

12:22 池谷駅着

 鳴門線の乗り換え駅、池谷(いけのたに)駅に到着しました。

f:id:tboffice:20200905122311j:plain

池谷駅到着

 電車の乗り換えは高架橋を使います。

f:id:tboffice:20200905123020j:plain

徳島行の電車を見送ります

f:id:tboffice:20200905123034j:plain

駅舎方向

 徳島行きの電車を見送った方向と逆の方向に駅舎があります。右下には鳴門線が停車していました。しばらくすると発車しました。

12:59 鳴門駅到着

f:id:tboffice:20200905125926j:plain

鳴門駅到着

f:id:tboffice:20200905130033j:plain

鳴門駅

 鳴門駅の目の前には足湯やバス停があります。鳴門駅の正面右側に観光協会があるのでなにかわからないことがあったら行ってみましょう。地図などを配布しています。

 

f:id:tboffice:20200905130015j:plain

駅前のバスのりば兼足湯の建物

f:id:tboffice:20200905130309j:plain

足湯

 足湯の隣にはタオルの自動販売機がおいてあるので安心。

13:27 小鳴門橋バス停到着

f:id:tboffice:20200905132714j:plain

小鳴門橋バス停

 適当なバスで小鳴門橋のたもとにあるバス停に到着しました。ちょっと遅いお昼ごはんに行きます。

 味処あらし

 観光案内で案内してもらったこちらのお店へ。昼過ぎもやっていて地元の人も来て評判もいいとのこと。ちなみに炎天下で15分ほど歩きました。14時頃に行ってみたら人が並んでる!

f:id:tboffice:20200905135048j:plain

味処あらし

 10分ほどの待ちで入れました。

f:id:tboffice:20200905140215j:plain

カンパチの刺身定食だったはず(2000円)

  カンパチってこんなんだっけ。生臭くない?ということでイマイチでした!いかがでしたか!(しらんがな)

ボートレース鳴門に入れず

  途中でボートレース場があったので行ってみると人数制限で入れないとのこと。帰ってきました。

 ボートレース場の目の前にうずしお食堂という店があったので口直しに入ってみます。

f:id:tboffice:20200905142527j:plain

うずしお食堂

 食堂というので定食もありました。おかずをチョイスするというちょっと複雑な食堂。慣れれば大丈夫なんだろうけど。さてここで食べるべきは・・・

f:id:tboffice:20200905143119j:plain

ラーメン 500円

 そう、シンプルにラーメン。こういうのでいいんだのこういうので。スープは甲殻系で少し甘めでした。汗をかいていたので余計に美味しく感じる。

小鳴門橋は徒歩では渡れない

 ラーメンを食べたあとに小鳴門橋に行ってみます。徒歩だと途中までしかいけませんが高いところにあるので景色はよさそうです。

f:id:tboffice:20200905144648j:plain

小鳴門橋へ

f:id:tboffice:20200905144948j:plain

行けるのはここまで

f:id:tboffice:20200905145012j:plain

造船所か

f:id:tboffice:20200905145046j:plain

反対側にはボートレース場

次回

 エレベーターの一種であるスロッピーに乗ります。