飛行機搭乗奇行

全国の空港を訪問中。万年金欠。2018年ANAダイヤ→SFC。2020年JGC修行

気がついたら全国の空港98箇所訪問済み。あと11空港
現在は屋久島(11月)と口永良部島(12月)の様子の記事を公開中。
課金すると公開前の本ブログの記事が読めます:tbofficeのリボ払い完済計画
過去の行き先:
 海外:香港 | 上海 | 台湾
 国内:沖縄 粟国| 阿嘉島| 伊是名| 久米島| 下地島| 伊良部| 石垣| 宮古 ■ 鹿児島 種子島|沖永良部| 徳之島|喜界島
 その他: 長野| 青ヶ島| 名古屋| 壱岐・対馬| 奥尻島| 佐渡ヶ島| 神津島| 三宅島| 日本酒| 富山・能登| 紋別

激走500キロ・鹿児島(12)池田湖パラダイス

 レンタカーで池田湖に移動します。池田湖パラダイスというレストラン兼休憩所で遅めの昼ごはんとします。イッシーと、そうめん流しが有名。

f:id:tboffice:20200831134221j:plain

池田湖パラダイス
  •  池田湖パラダイスについて
  • イッシーの像
  • イッシー丼を食べる
  • 天然記念物大うなぎ
  • さようなら池田湖
  • 次回

 

続きを読む

激走500キロ・鹿児島(11)干潮の時だけ渡れる「知林ヶ島」

 岬の突端からちりりんロードを歩いて行った先、知林ヶ島(ちりんがしま)に行ってきました。潮が引いたときにだけ渡れます。

f:id:tboffice:20200831130537j:plain

ちりりんロードと知林ヶ島
  •  知林ヶ島の基礎知識
    • 場所
    • いつ渡れるの?
    • アクセス
    • 知林ヶ島には電気もトイレもない
    • 準備
  • ちりりんロードを渡る
  • 次回

 

続きを読む

激走500キロ・鹿児島(10)知覧武家屋敷、そして手入れされた素晴らしい庭

 鹿児島市内のホテルを8時半頃にチェックアウトして知覧武家屋敷に向かいます。

 今回は知覧麓の武家屋敷群を見ていきます。「西郷どん」を見ていたり、「島津氏」に詳しい人はすでに知識をお持ちなので、いきなり本文に進んで構いません。もしかしたら既に武家屋敷を見たことがあるかも?


武家屋敷群の成り立ち

 江戸時代、薩摩藩の全人口の四分の一が武士となり、独自の外城制度として麓(ふもと)と飛ばれる武家屋敷群を作りました。江戸時代の終わりには120個所になりました。中心には領主の屋敷があり、その周りを馬場と呼ばれる道で割って武家屋敷が隣接するように配置されました。今回紹介する知覧の武家屋敷の特に庭園が有名です。

f:id:tboffice:20200831095258j:plain

平山克己氏庭園
  • 武家屋敷群の成り立ち
  • アクセス
    • レンタカー
    • 電車・バス
    • 武家屋敷の場所
  • 営業情報
  • 入園券を購入する
  • 道路の脇で鯉が泳いでいる
  • 知覧武家屋敷の馬場を鑑賞
  • 庭園の鑑賞
  • 3. 平山亮一邸庭園
  • 2. 平山克己邸庭園
  • 1. 西郷惠一郎邸庭園
  • 4. 佐多美舟氏庭園
  • 5. 佐多民子邸庭園
  • 6. 佐多直忠邸庭園
  • 7. 森重堅邸庭園
  • 庭園の他に入れる敷地
    • オモテ・ナカエから構成されている知覧型二ッ家
    • 旧高城家住宅
    • 武家屋敷通り
  • まとめ
  • 知覧武家屋敷に関するリンク
  • 参考

 

続きを読む

激走500キロ・鹿児島(9)鹿児島市内・桜島を一望できるスポット・城山公園

 鹿児島県には両手で数えても収まらないくらい行っていますが、鹿児島市内の観光は初めてでした。同行者が城山には行くべきというので行ってみました。桜島と鹿児島市内が一望できました。

f:id:tboffice:20200830164027j:plain

城山公園展望台から見る桜島
  • 城山公園とは
  • アクセス
    • カゴシマシティービューについて
  • 城山公園の入場料は無料
  • 展望台には何があるの?
  • 展望台からの眺め
  • 城山を見上げる
  • 次回

 

続きを読む

激走500キロ・鹿児島(8)仙巌園・尚古集成館を堪能する

 前回は桜島にある新島に行ってきました。そのあとフェリーで鹿児島市内に入り、そこから北上して仙巌園に行きました。とても良く晴れた暑い日でした。

f:id:tboffice:20200830152912j:plain

  • 仙巌園とは
  • 仙巌園入口でチケットを購入
  • 御殿を見学
  • 旧集成館
  • 鹿児島 世界文化遺産オリエンテーションセンター
  • 尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)
  • まとめ
  • 参考
  • 次回
続きを読む